スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2014'09.09 (Tue)

今年の夏ぅ!!in 坂田 part1

めっきっりと秋めいてきましたよ
朝、毛布をひっぱりだして二度寝してしまいました(^^ゞ

海LOG、今夏の最後は坂田です

20140820_124119_convert_20140909205339.jpg

2年ぶりの坂田。詩音にいたっては3年ぶり。なんか甲子園の出場回数みたいだ(^^ゞ

まずはビーチ。ファイヤービーチ。
ここはどんだけ入ったのだろうかね。体験はもちろん、リフレッシュのチェック。
先輩ガイドと遠泳もしたっけな。そうそう坂田港からエボシやゼニガタクラゲを
避けながら泳いだこともあったなぁ。
そんななか見つけたのが。。。

<タツノオトシゴ>

DSC_0153_convert_20140909203407.jpg

ビーチではよく見つけました。頭の冠状突起が高いのが特徴です。
ここではミナミホタテウミヘビにおにぎりあげたことあるなぁ。
セブンイレブンの紅鮭が好きでした(^^ゞ

DSC_0169_convert_20140909203531.jpg

たぶんオスだと思います。きっと。育児嚢が膨らんでいたので近くに
もしかしたらメスがいるかもでした。

海面では詩音とかーちゃんが泳いでいます。
浮き輪に向かってオクトパスからエアーブローすると大うけでした。
一緒に海にいるってなんか不思議でありがたい気持ちに包まれましたなぁ

2本目はカロウ根。
新漁礁のブイに付けて楽々エントリーです。
さすがに魚いっぱいでした。
イワシにキビナゴの大群、タカベ、スズメダイ、
下段にはクロホシイシモチの群れも。
すると潮に回されイナダのトルネードもみれました。
ワイドにすればよかったかな(^^ゞ

<ハクセンアカホシカクレエビ>

DSC_0177_convert_20140909203631.jpg

はじめて見たのもここ。小カロウ根の北側の水深20mの砂地でした。

DSC_0187_convert_20140909203736.jpg

まだドフライニアシュリンプって言われていた頃。
浮遊するカクレエビの中ではやんちゃで結構動いてくれる種です。

DSC_0189_convert_20140909204127.jpg

やっぱじっくり撮りたいヤツですね。
でも105だと難しいな。構図をもっと考えなきゃいけないです

ゆっくりカロウ根に移動。
途中にあるイソギンチャク畑で・・・

< ??? >

DSC_0197_convert_20140909204252.jpg

なんだろうとパシャッとってみたんですが・・・
初めて見るスケルトン。なんだろう、動きやイソギンチャクの近くに
いるからベラ、ノドグロベラかなんかの幼体かなといろいろ調べて、
おのちんにも聞いていましたが。。。
セジロノドグロベラだそうです。おのちん判明しました!!!
これも流れ者ですね。きっとあちこちいますよ。
このステージのスケルトンは同定が難しいらしいですね。

<ベニイソハゼ>

DSC_0204_convert_20140909204418.jpg

ちかくに同種がいなかったので、背びれ立てて威嚇する姿は収められませんでしたが、
これも綺麗にとりたい種です。ましてや坂田見ると感慨深いものがありますね。

DSC_0214_convert_20140909204613.jpg

やっぱ100を超えるレンズは図鑑撮りになってしまうなぁ。
構図だね。周りをよく見て慌てないでシャッター切れるようになんないとね(^^ゞ

久々のカロウ根。坂田で最初に潜ったのがここでした。
海の強さやさしさ、厳しさというのをここで教わった気がします。
しかも思い入れの強い場所。

ここに限っては4年ぶりに入りました。
でも入った瞬間、なぜか温かく包まれるような感覚がありました。

海の神様はいるんだなぁ。。。と思わず合掌でした。
ん?!神様だから柏手か(^^ゞ

写真が多かったのでpart2に続かせてもらいます







スポンサーサイト
21:35  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。