スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2013'08.20 (Tue)

14日のLOG。その1(^^ゞ

13日。迎え火を済ませて東京湾を渡り、伊勢原へ

DM同期の潜友に合い、そして何年ぶりかのバディ宴会へ突入
飲んでる最中次の日に潜水するの忘れてました(^^ゞ

いやぁー飲んだ、飲んだ、飲まれた…ここち気持ち悪さ…

でも次の日はすっきりと起床

久しぶりに小田厚、箱根新道、1国という昔常道だったルートで大瀬入り

懐かしい早朝の箱根越えは夏ということもあってすごい爽やかな感じ

さー潜るよーってことで一本松から門下。

水温25℃から26℃。透視度12m~15m。
深いところでは23℃くらいかな。して凄い青さ
黒潮ですねぇー

門下の沖出の岩で見つけたのは…

<クマドリカエルアンコウ> Antennarius maculatus

1+054_convert_20130817201123.jpg

まっくすのアドバイスで見っけました。

3センチくらいかな…もちろん幼魚ですね。

本当はハナハゼやイトヒキベラの体色のデータ取ろうと思ったけど、
せっかくのクマドリ。外しちゃいけないやねぇ

はじめはすごーく睨み辛いというか、アングルが難しいところにいました。

1+017_convert_20130820230221.jpg


見つかっちゃった!!感じで行きたかったんだけど、でもライティングの
練習にすごくなってくれました。

1+018_convert_20130820230511.jpg


何枚か撮ってほかの被写体探し、ニシキウミウシなんかみたけどやっぱり
クマドリのところへ(^^ゞ

1+035_convert_20130817200807.jpg


したらヒドラのところから広い岩肌に出てきてくれました。

さすが大瀬の人気モンですね。わかってらっしゃる

1+056_convert_20130817201251.jpg

この8月でクマドリに会ったのは初めてです。幸先いいですねぇ。

第2棘の鰭膜が透明。して少し前方に倒れている。。。
本当に観察すると面白いですよね。
坂田でガイドしているときは結構な確率でカエルアンコウの仲間
見つけたけど、この判別の楽しさが後押ししてくれたな。
この判別、俺流もあるのでちょこちょこ話していきますよ。

1+070_convert_20130817202924.jpg

カメラの設定はSS1/100から1/250 F18からF25で距離を見て
発光のレベルを調整して撮ってみました

ブログで紹介するにはコンデジもあっていいかな

では次、深海の貴公子ヒロイン
お送りします

               Tomo



スポンサーサイト
23:17  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。