スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2013'08.12 (Mon)

いやいや・・・^m^

いやいや、今年の夏はあっという間にやって来ていましたねぇ。。。(^^ゞ

消防団の操法。地区大会から千葉県大会まで約4ヶ月でした。

その間母校が夏の甲子園か!!!などヤキモキした日々を重ね、

あっという間に8月になっていましたよ

5月の坂田以来の海になりました。
いやーあっという間に時間は過ぎるのですね。

8月2日のLOGとなります。

場所は大瀬崎。ポイントは柵下、一本松から門下。
透視度は8~12m 水温25℃。波浪階級0.5

ウエット着るのも心地いいのが夏ですね。
湾内も海水浴客で賑わっていました。

<サクラダイ> Sacura margaritacea 撮影場所:柵下

1+019_convert_20130812190103.jpg

もう少し光当てて、絞って良かったかなぁ。RAWで現像すれば
どうなるんだろうか???
場所はショートドロップから岬側のかけて、ムチカラマツの群生
が広がるところ。

1+011_convert_20130812185833.jpg

1+008_convert_20130812185746.jpg


ストロボの角度や位置にも一工夫あるとよいのかな。

<ハナハゼ> Ptereleotris hanae 柵下(浅場)

ハゼはガイドしていたときも意識的に探し、被写体として
見せていました。
もちろん南方系のハゼや温帯域のサビハゼやイチモンジハゼも。
だからこのハナハゼも綺麗に切り取りたい魚の一つです。

1+057_convert_20130812190549.jpg

1+061_convert_20130812190625.jpg

ニシキテッポウエビなんかと共生するシーンもあるのですが、
自分は浮遊している姿が好きですねぇ。


<オオガラスハゼ> Bryaninops amplus 門下

きっとガラスハゼ属1の個体かもしれないけど、
吻が眼の2倍あるのでそうしました。
んーでも体のシマ模様が背びれの前にあるきがするなぁ。。。

1+032_convert_20130812190147.jpg

1+035_convert_20130812190237.jpg

1+039_convert_20130812190321.jpg

門下にあるエダカラマツ。

1+039_convert_20130812190321.jpg

1+040_convert_20130812190409.jpg

ホストのヤギから浮遊して何かパクパクしていたのでその瞬間を。。。
根負けしました(^^ゞ

1+042_convert_20130812190455.jpg


<ムラサキウミコチョウ> Sagaminopteron ornatum 一本松の沖の岩

久しぶりに見ました

しかもペアで

はじめて見たのは坂田・カロウ根でしたねぇ。

1+072_convert_20130812190714.jpg

この大きさでビシッといくにはテレコンも必要だなぁ(・_・;)

あーでも太陽ジリジリ肌に浴びて、海のリズムがが聞こえたので
とても清清しいダイブでした

スポンサーサイト
21:58  |   |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  ↑Top
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。